Port Charlotte Heavily Peated 10 aged years

マッカランをサクッと飲み終えた。印象に残らない味であまりパッとしなかった。

blog.k3n.link

次は個性のある、力強い香り・味わいを楽しみたくて、アイラモルトの中からPort Charlotte Heavily Peatedの10年を選んだ。

f:id:k3n:20210227114624j:plain

f:id:k3n:20210227114642j:plain

f:id:k3n:20210227114648j:plain

ウイスキー瓶自体がどっしりとした印象で、圧を感じる。

グラスに注いだ時の香りは、「正露○かな?」という感じ。口に含めば、豊かなピート香、スモーキーさを存分に楽しめた。このウイスキーに限った話ではないが、瓶を開けて空気に触れたことで味が変わるとのことなので、その変化が楽しみ。

ウイスキーを飲み始めたころにボウモアを飲んだことがあり、そのときはピート香がキツくてしんどかったけど、このポートシャーロットに関してはそういった印象はなく、力強い味わいを素直に楽しめる、旨いウイスキーだと感じた。ボウモアを飲んだ後もいくつかウイスキーを飲み続けたことで、ウイスキーの味わいになれてきた成果なのかもしれない。また今度ボウモアに再チャレンジすれば、印象が変わりそう。

アルコール度数は50%。一般的なウイスキーの度数が40%前後のため、お酒の中では度数の高めなウイスキーの中でも、さらに高い。元々アルコールに弱い質なので、ダブルを飲むのはちょいキツい。

今は花粉症がキツい。アルコールを飲むと鼻詰まりがあるのでお酒は控えているが、花粉シーズンが終わったら、ピート香を愉しみたい。