MX Master 3 for Mac を導入した

しばらくKensingtonの有線トラックボールマウスを使ってた。

親指に位置するトラックボール自体の操作感は全く問題なかったけど、ホイールの操作感が酷く、特にホイール回転量が少ない場合に、本来動くべき方向とは逆側にスクロールしてしまうような挙動が常態化しており、使えなかった。スクロール操作用にApple Magic Trackpadを別途用いてやり過ごしていたが、マウス操作するために両手をキーボードから離さなければならず、余計な疲労とストレスが溜まる状態だったので、MX Master 3 for Macでこの改善を図ることにした。

f:id:k3n:20211003145320j:plain
外箱 表面

f:id:k3n:20211003145347j:plain
外箱 裏面

仕事もプライベートも、いずれもmacOSをヘビーユースしているので、MX Master 3のうち、for Macと打ち出されているものを選んだ。いくつか設定できるカスタムボタン・ジェスチャ操作が、macOSを想定したものにあらかじめ設定されている。

f:id:k3n:20211003145758j:plain
内箱

f:id:k3n:20211003145930j:plain
Type-Cケーブルと、本体

内容物は、紙ペラの他は、USB Type-Cケーブルとマウス本体のみ。

f:id:k3n:20211003150129j:plain
MX Master 3 for Mac

よく練られた形状で、ごく自然にマウスを握り込める。重さに関しては、軽いということはないが、使うに当たって負担にならない程度の程よい重さになっている印象を受ける。

左右クリックボタンの間に位置するホイールは、ステップをつけて回すラチェットモードと、無段階で高速スクロールに向くフリースピンモードの二つを切り替えられる。チルト操作には対応しない。ラチェットモード時のステップを踏む際、音は鳴らないが、コトコトとしたフィードバックが指に伝わってくる。ステップが細かかったり、ステップ時にカチカチ・カタカタといった音が音が鳴るものは、操作のしづらさや違和感を覚えるが、このマウスに関しては、値段なりに、いい作りになってるなと感じた。

また、マウスの左側面にある上下方向のホイールで、左右スクロール操作を行えるのも、とても良い。ソフトウェア開発系の調べ物をしているとき、コードブロック中のコードが横に長く、横スクロールしないとコード全体を読み解けない場合があったり、なんだかんだでGoogle Spreadsheetsを触る機会もあるので、そういった場合に重宝する。

嬉しい誤算は、親指の左側面と接する、マウスの羽の突起部分がボタンであること。若干操作はしづらいが、親指左側面でここを押すと特定操作が行え(僕自身は、Mission Controlを設定してウインドウ一覧を俯瞰できるよう設定した)、また押した状態でマウスを前後左右に動かすことでジェスチャ操作も可能であること。
これにより、チルトホイールが搭載されていなくても、Webブラウザの戻る・進む操作と、Spaces(仮想デスクトップ)の切替を別々に割り当て、利用できる。

f:id:k3n:20211003152751j:plain
手元がスッキリ

今のところ、負担無く快適に使えてる。ホイールがまともに動くのは嬉しいし、横スクロール操作も専用のホイールで操作できるのは、思ってた以上に便利。買い換えて良かったと思う。

先日、米Logitechで発表されたMX Keys Miniにも興味がある。日本で発売されるようなことがあれば、こちらも導入してみたい…。

news.mynavi.jp